神奈川自動車整備振興会・商工組合 大和・綾瀬支部

自動車整備振興会・商工組合について



認証工場には右のような黄色い看板が掲示されています。 自動車の分解整備には、高度な技術と知識が必要です。 認証工場とは、法律に定める基準(自動車整備士、作業場、 機械工具類等)に適合していることを、国が認めた 自動車分解整備事業場のことをいいます。

一般社団法人神奈川県自動車整備振興会

振興会は、昭和27年8月に国土交通省(当時の運輸省)に認可された公益法人で、 会員(自動車整備事業者)の会費によって運営されています。 その目的は、自動車の点検整備の普及と促進、公害防止と交通安全への意識を、 自動車整備を通して広く社会に貢献することです。

神奈川県自動車整備商工組合

商工組合は、中小企業団体組織法に基づいて自動車分解整備事業を営む 中小企業者の改善発展を図る為、又、公正な経済活動の機会を確保することを目的として 昭和51年12月に設立された団体です。

振興会・商工組合の主な活動

・点検整備の普及・促進PR事業
・自動車整備技術向上のための研修事業
・自動車整備士養成事業
・国の認証を取得した自動車整備事業場の指導・育成事業
・中高年齢者就業支援事業(神奈川県受託事業)

大和綾瀬支部設立経緯

昭和27年3月(社)神奈川県自動車整備振興会(神整振)発足
4月(社)神奈川県小型自動車整備振興会(神小整振)発足と同時に県内各地に支部が誕生し、県央ブロックとなる
昭和51年6月神奈川県自動車整備商工組合(神整商)発足新たに神整商の支部として県央ブロックに加わる
昭和54年4月神整商県央ブロックから神整商大和支部に改称
昭和56年4月(社)神奈川県自動車整備振興会と(社)神奈川県小型自動車整備振興会が一本化され(社)神奈川県自動車整備振興会(神整振)となる、と同時に神整振大和支部に改称
12月神奈川県自動車整備政治連盟発足
平成10年4月神整振および神整商の大和支部から大和綾瀬支部に改称
平成11年5月神整振大和綾瀬支部と神整商大和綾瀬支部を一本化し神整振・神整商 大和綾瀬支部に改称

応援します!参加事業

かけこみ110番

近年、私たちを取り巻く社会環境は年々複雑化し、全国的に子どもや高齢者等を狙った犯罪が多発しております。
当会加盟の自動車整備工場は、「かけこみ110番」の自動車整備工場として、困っている方を安全な状態に保護し、状況に応じて110番・119番通報の対応を行い、地域の皆様と協力して安全で安心できる社会を目指します。

【こんなときは、「かけこみ110番」のポスターの掲示された自動車整備工場へ】

  • ・ケガをしたり、気分が悪くなった場合
  • ・道に迷ってしまった場合
  • ・交通事故を目撃した場合
  • ・知らない人に声をかけられた場合
  • ・ストーカー行為にあった場合
  • ・ひったくりに遭った場合

【かけこみ110番は右の写真が目印】

「かけこみ110番」の自動車整備工場には、目印としてポスター・ステッカーを掲示しています。


アイドリングストップ運動

私たちは、地球環境保全のためのアイドリングストップ運動を実施しています。 (社)神奈川県自動車整備振興会では、アイドリングストップ運動を進める為、整備事業場でドライバーの皆様に、このステッカーを お配りしています。

その他参加事業

大和綾瀬交通安全協会 大和市交通安全対策協議会 (財)自動車リサイクル促進センター 日本赤十字社をはじめ、多くの団体の活動に参加、協力し地域の交通安全や環境問題、社会問題に積極的に取り組んでいます。